教育活動

国語科

ことばは世界を拓く
目標と培いたい力

国際社会でよりよく生きるために、物事に対する洞察力、自己と他者とを深く理解するためのコミュニケーション能力、確かで豊かな表現力を養うとともに、日本語に対する興味・関心を高める。

  • 文章を読むだけでなく、人の話、さまざまなメディアからの情報を含めて「読み取る力」。
  • 自分の考えや心情、あるいは調査結果・報告・説明などを相手にわかりやすく伝えるための「書く力」。
  • 自分の考えを深めたり、他の人とよりよいコミュニケーションを図ったりするために、人の話やメディアからの情報を正確に「聞き取る力」や「情報を整理する力」。
  • 聞き手の身になってよりわかりやすく伝えるための「話す力」。
  • 言語についての知識やそれを活用する技能。
単位数
前期課程
科目名 1学年 2学年 3学年
国語 4 4 3
後期課程
科目名 標準単位 履修単位 4学年 5学年 6学年 備考
国語総合 4 4 4      
現代文B 4 4 or 2   2 2  
国語表現 2 2     2  
古典B 4 4 or 2   2 2  
古典A(古文) 2 2     2  
古典A(漢文) 2 2     2  
日本語理解   2     2 学校設定科目
授業内容
前期課程
国語 文章の読解・作文・発表・テストなどを通じて、言葉や文章の意味、内容への理解力を身につける。発表・話し合い・意見の言いかた・作文・調査活動・テストなどを通じて、他者にわかりやすく伝える力、情報を整理する力を身につける。書写の学習・漢字テスト・語彙テストなどを通じて、正確で効果的な言葉の使いかた、文法・漢字についての知識を深める。
後期課程
国語総合 日本語の特色を理解し、基礎的な国語の力を充実させ、さらに古典の基礎的な読解の力を身につける。
現代文B(5年) 日本語で的確に理解表現することを学び、近現代の作品に親しむ。
古典B(5年) 古典文学の基礎的な読解力を身につけ、古典作品に親しむ。
現代文B(6年) 近代以降の様々な文章を的確に理解し、適切に表現する能力を高め、ものの見方や考え方を深める。
国語表現 国語で適切かつ効果的に表現する能力を高めるとともに、思考力や創造力を伸ばす。
古典B(6年) 古文・漢文を読み、我が国の伝統と文化に対する理解を深めるとともに、ものの見方や考え方を深める。
古典A(古文) 古文の文章を的確に理解し、人間・社会・自然などについて考察し、ものの見方や考え方を深める。
古典A(漢文) 漢文の文章を的確に理解し、人間・社会・自然などについて考察し、ものの見方や考え方を深める。
日本語理解 日本語の文章を読み、日本語の能力を高めるとともに、日本の文化や伝統を理解する。
トピック
本校生徒の活躍

    2014年度

  • 第16回NHK全国短歌大会ジュニアの部(主催:NHK・NHK学園)100人一首賞3名 入選4名
  • 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2014高校生部門(主催:光文社)優秀賞1名 学校協力賞
  • 第10回全国高校生川柳コンクール(主催:福岡大学) 入選 1名
  • 2015年度

  • 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2015高校生部門(主催:光文社)最優秀賞1名 優秀賞1名 審査員特別賞1名
  • 2016年度

  • 第49回「おかねの作文」コンクール(中学生)(主催:金融広報中央委員会)日本PTA会長賞1名 秀作1名 佳作1名 学校賞
  • 平成28年度新宿区夏目漱石コンクール(主催:新宿区・新宿区教育委員会)佳作3名
  • JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2016(主催:JICA)審査委員特別賞1名 佳作3名 特別学校賞
  • 光文社古典新訳文庫読書エッセイコンクール2016高校生部門(主催:光文社)優秀賞1名 審査員特別賞1名 審査員奨励賞1名 学校協力賞
  • 第30回東洋大学「現代学生百人一首」(主催:東洋大学)入選2名
  • 第18回NHK全国短歌大会ジュニアの部(主催:NHK・NHK学園)秀作2名
ページトップ
| HOME | TGUISSとは | 教育活動 | 入試情報 | 進路・進学 | 学校生活 |
東京学芸大学附属国際中等教育学校〒178-0063 東京都練馬区東大泉5-22-1 TEL03-5905-1326 FAX 03-5905-0317
IB Asia Pacific UNESCO